「フィンジア 効かない?」について

フィンジア効かない 3つのポイント

フィンジア 効かない/育毛剤の効果なし?(ミノキシジル、キャピキシル)

「フィンジアって、効かないの?効果なし??」

 

まだフィンジアを使ったことがないなら、本当に効果があるのか、心配ですよね。

しかし、フィンジア効果のある育毛剤です。

安心して使って大丈夫です。

 

フィンジアには、髪の成長を促すための様々な成分が配合されています。

キャピキシル ヘアサイクルを成長期へ導き、髪の毛にハリ・コシを与える
ピディオキシジル 毛髪や頭皮を健やかに保つ
カプサイシン 成分を頭皮表面だけではなく、角質層まで効率よく浸透させる
センブリ 毛髪につやを与える
パンテノール 頭皮、毛髪にうるおいを与える
ビワ葉 毛髪をしなやかにする
ボタン 頭皮、毛髪をすこやかにする
フユボダイジュ花 フケ、カユミを抑える
褐藻(かっそう) 毛髪にはり、こしを与える
グリチルリチン酸2K 頭皮、毛髪を清浄にする
ヒオウギ 髪型を整え、保持する
キハダ樹脂 頭皮、毛髪をすこやかに保つ
ヒキオコシ 頭皮、毛髪をすこやかに保つ

 

フィンジアの成分の中で、特徴的なものは

  • キャピシキル
  • ピディオキシジル
  • カプサイシン

です。

 

キャピキシルは、ヘアサイクルを成長期へ導き、髪の毛にハリ・コシを与えます。

キャシピルの効果

キャピキシルは、以下の2種類の成分から合成された成分です。

  • アカツメクサ花エキス(イソフラボンを豊富に含む)
  • アセチルテトラペプチド-3(4つのアミノ酸で構成)
キャピキシル主要成分の働き

◆アカツメクサ花エキス
…ビオカニンAという成分が、薄毛の原因物質DHTを生成する「5αリダクターゼ」を抑制する。
➨脱毛の進行を止める

◆アセチルテトラペプチド-3
…強力な細胞修復作用で、髪を作る細胞(毛母細胞)の再生を促す。
➨発毛しやすい頭皮環境に整える

上記の通り、キャピキシルは、脱毛の進行を止めつつ発毛しやすい頭皮環境に整えるという、2つのアプローチでの薄毛対策が期待できます。

また、これらのほか、頭皮の免疫を正常に整え髪の成長を促す効果も確認されていますよ。

キャピキシルとは?薄毛やAGAへの育毛効果&ミノキシジルとの違いを徹底解説

これらのキャピキシルの成分が、乱れた頭皮のコンディションに働きかけます。

キャピキシルが限界濃度の5%配合されている点が、フィンジアの一番の特徴です。

 

さらに、フィンジアにはキャピキシル5%に加えて、ピディオキシジルが2%配合されています。

ピディオキシジル効果

ピディオキシジルは、毛髪や頭皮を健やかに保ちます。

 

また、ピディオキシジルには、「ミノキシジル誘導体」という別名があります。

ミノキシジルは「発毛効果(毛が生える)効果がある」医薬品の成分です。

発毛剤といえば「ミノキシジル配合」と言えるくらい、有名な成分です。

 

ただし、ミノキシジルは、医薬品としての発毛効果がある反面、副作用があります。

  • 初期脱毛
  • 立ちくらみ、めまい、ふらつき
  • むくみ
  • 動悸、息切れ
  • 頭皮のかゆみ、かぶれ
  • 体毛が濃くなる
  • 肝臓への悪影響

 

このような副作用があるため、ミノキシジル配合の発毛剤を使うことを断念する人もいました。

一方、ミノキシジル誘導体のピディオキシジルは、ミノキシジルと非常に似た分子構造を持ちながら、副作用のリスクが少ない成分です。

誘導体とは、ある成分の構造や性質を大幅に変えない程度に、分子を置き換えたり配列を変えた化合物のことです。

副作用を取り除いたり、浸透力を上げたりできるメリットがあります。

 

ミノキシジル誘導体である、ピディオキシジルが配合されている点が、フィンジアの大きな特徴です。

 

フィンジアには、キャピキシルやピディオキシジルが限界濃度で配合されています。

これらの成分を、頭皮表面だけではなく角質層まで効率よく浸透させるために、カプサイシンが、フィンジアには配合されています。

カプサイシンは、唐辛子の旨味成分です。

頭皮の柔軟性を保ち、成分の浸透を促す作用があります。

少ない量でも十分に成分を浸透させるために配合されています。

 

これらの成分が頭皮に浸透し、働きかけます。

フィンジア 効かない/抜け毛

抜け毛の原因は、非常にたくさんあります。

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • バランスが悪い食事
  • 飲酒
  • タバコ
  • 皮膚疾患
  • 過剰な皮脂(ベタベタするくらい)
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 加齢
  • 遺伝
  • 紫外線

 

ただし、健康な人でも髪の毛は抜けていきます。

髪の成長期(2年〜6年)が過ぎると、退行期、休眠期に入り、髪が次第に抜けるのです。

これは自然脱毛と呼ばれる普通の現象です。

 

ストレス、睡眠不足、遺伝、加齢などの抜け毛の原因により、頭皮の状態が悪化すると、髪の成長期が短くなり、髪が十分に育たないうちに抜けてしまいます。

その結果、抜け毛、薄毛につながるのです。

これを異常脱毛を呼びます。

 

異常脱毛(抜け毛が不健康)かどうかは、抜け毛を見ればわかります。

1 抜け毛の色、形

自然脱毛の抜け毛は、毛根が黒から白に次第に変わっていきます。

また、抜け毛の根本がマッチ棒のように丸く膨らんでいます。

 

異常な抜け毛の特徴は、

  • 色が全体的に黒い or 白い
  • 触るとベタベタする
  • 先が尖っている
  • 先から尻尾のようなものが出ている
  • 形がマッチ棒のように膨らんでいない

という点があります。

 

2 抜け毛の太さ、長さ

自然脱毛の抜け毛は、ある程度太く、長さがあります。

 

しかし、異常脱毛の抜け毛は、細く、コシがないです。

 

3 抜け毛の本数

1日の抜け毛の本数は、一般的には1日100本です。

抜け毛が1日200本異常あるなら、異常脱毛で抜け毛が増えている可能性があります。

 

  • 排水口に貯まる抜け毛が増えた
  • 枕に抜け毛がたくさんついている
  • 床の上が抜け毛ばかり

といった点に心当たりがあれば、抜け毛が増えている可能性があります。

要注意です。

 

このような異常な抜け毛を防ぐために、育毛剤を使うのです。

育毛剤には、頭皮環境を改善し、髪の成長を促す効果があります。

頭皮環境を改善することにより、抜け毛を防ぐのです。

 

例えば、フィンジアには、グリチルリチン酸ジカリウムという「頭皮、毛髪を清浄にする」成分が配合されています。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、甘草の根茎から抽出した成分です。

グリチルリチン酸2K、グリチルリチン酸K2とも呼ばれます。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、

  • 抗炎症、抗アレルギー作用
  • 敏感肌改善作用
  • 塗布時の不快感抑制作用

があることが知られています。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、優れた抗炎症作用を持ちながら、肌への刺激が少ない成分です。

 

フィンジア 効かない/薄毛

薄毛といっても、実は2種類あります。

  • 本数は変わらないが、髪の毛が細くなる
  • 髪の毛が抜けて、本数が少なくなる

 

薄毛の原因は、4つあります。

1 血行不良

血行が悪くなると、髪の毛に栄養が行き渡らなくなります。

その結果、髪の毛の成長が緩やかになります。

さらに、髪の毛が抜けやすくなってしまいます。

 

2 男性ホルモン

男性ホルモンの影響で、髪の毛の成長に関わる毛乳頭細胞の分裂が阻害されます。

遺伝的に、剥げやすい人は、男性ホルモンが影響している場合が多いです。

 

3 過剰な皮脂

頭皮がベタベタするくらい、皮脂の分泌が多いと、毛穴がつまる、頭皮に炎症が起きる、という悪影響が出ます。

その結果、髪の成長にも悪い影響を与えてしまいます。

 

4 頭皮の突っ張り

頭蓋骨と頭皮の間の血管が圧迫されると、血行が悪くなり、髪の成長に悪い影響が出ます。

成長により、頭皮の突っ張りが出ることが多いです。

 

育毛剤は、頭皮環境を整え、今生えている髪を太く育てる(育毛)効果があります。

「薄毛になった」

という方におすすめです。

 

フィンジアには、センブリエキスが配合されています。

毛髪につやを与える効果があります。

 

センブリエキスは、センブリ(植物)から抽出された成分です。

育毛剤なら、男性用、女性用問わず幅広く配合されています。

 

センブリエキスには、血行を促進、皮膚細胞の代謝改善、細胞分裂の活性化という作用があります。

このような作用があるため、発毛促進の効果も期待できます。

 

さらに、フィンジアにはキャピキシルが配合されている点も、見逃してはいけません。

キャピキシルは、ヘアサイクルを成長期へ導き、髪の毛にハリ・コシを与えます。

 

キャピキシルは、以下の2種類の成分から合成された成分です。

  • アカツメクサ花エキス(脱毛の進行を止める)
  • アセチルテトラペプチド-3(発毛しやすい頭皮環境を整える)

これらのキャピキシルの成分が、乱れた頭皮のコンディションに働きかけます。

 

キャピキシルが限界濃度の5%配合されている点が、フィンジアの一番の特徴です。

 

フィンジア 効かない/フケ

フケは、古くなった頭皮の角質が剥がれたものです。

どんな健康な人でもフケは発生しますが、通常はシャンプーをすればフケは取り除かれます。

 

しかし、頭皮の環境が悪化すると、フケが増加します。

皮脂や常在菌にバランスが崩れると、増加しやすくなるのです。

 

フケには、ベトベトとカサカサの2種類があります。

 

ベトベトしたフケ

シャンプーが不十分な場合、ベトベトタイプのフケになりやすいです。

通常は、シャンプーで頭皮の皮脂を洗い流すことができるのですが、不十分なため皮脂がたまります。

その結果…

 

皮脂を栄養とする菌(マラセチア菌)が、異常に繁殖する

頭皮が刺激を受けて、フケが大量に発生する

頭皮に残った皮脂が、ホコリや汚れを吸着する

古い皮脂と混ざり合う

ベトベトした、油っぽいフケが頭皮にたまる

 

皮膚が油っぽい人は、ベトベトなフケになりやすいです。

 

ベトベトしたフケで注意が必要なのは、「脂漏性、ひこう性脱毛」です。

これは、頭皮が荒れて起こる抜け毛の症状です。主な原因はフケです。

ジクジクした脂っぽいフケが多く、脂分が毛穴に詰まっていたいると起こりやすいです。

頭皮に皮脂が残った状態が長く続くと、頭皮に炎症が起こったり、髪の毛が抜けやすい状態になります。

この脂だらけの頭皮環境を改善しないと、フィンジアを使っても、効果は出にくいのです。

 

改善方法は、2つあります。

1.生活習慣の改善

バランスの取れた食事、睡眠や休息をしっかり取る、ストレスを溜めないといった、当たり前の生活習慣を見直すことから始めましょう。

 

2.シャンプーの改善

「頭皮に皮脂が多すぎる」からといって、洗浄力の強いシャンプーで徹底的に洗ってはいけません。

頭皮に必要な常在菌まで洗い流してしまいます。

頭皮への刺激が弱いシャンプーで、しっかり泡立ててから指の腹で優しく洗い、十分にすすぎましょう。

 

 

カサカサしたフケ

シャンプーのやりすぎや、洗浄効果の強すぎるシャンプーの影響で、皮脂が必要以上に洗い流されることが原因です。

 

潤いがなくカサカサしているため、頭皮の角質層が剥がれやすくなり、カサカサしたフケになります。

乾燥肌の人は、カサカサしたフケになりやすいです。

 

育毛剤には、頭皮環境を改善し、フケが出にくくなる効果があります。

 

フィンジアには、パンテノールという「頭皮、毛髪にうるおいを与える」成分が配合されています。

 

パンテノールには、

  • 保湿
  • 組織修復促進
  • 皮膚をなめらかにする
  • 抗炎症

といった効果があります。

 

パンテノールは、ムヒなどのかゆみ止めの薬にも配合されています。

皮膚を活性化し、かゆみを感じにくくする効果があります。

 

また、フィンジアには、ビワ葉エキスが配合されています。

ビワ葉には、殺菌作用や鎮痛作用があります。

 

髪の毛には、ヘアサイクルという生える、抜けるを繰り返す周期があります。

成長期(3年〜6年)

退行期(2週間〜3週間)

休止期(2ヶ月〜3ヶ月)

成長期(3年〜6年)

 

このヘアサイクルには、FGFというタンパク質が深く関係しています。

 

ビワ葉には、髪の毛の成長を促すタンパク質「FGF-7」の産生を促します。

また、ヘアサイクルの成長期の停止に関係する「FGF-5」の発現を抑える効果もあるのです。

フィンジア 効かない/前髪

フィンジアは、前髪で髪の毛が細くなってきた部位に使うと効果的です。

薄くても毛が残っていれば、効果を期待することができます。

 

フィンジアには、ボタンエキスが配合されています。

ボタンには、頭皮、毛髪をすこやかにするがあります。

 

ボタンは、牡丹の根から抽出されたエキスです。

  • 血行促進
  • 抗酸化
  • 消炎

という効果があります。

 

血行を促進することにより、髪の毛が成長するための栄養を豊富に届けることができます。

さらに、頭皮を健康に保ち、フケ・かゆみを防ぎます。

 

また、フィンジアには、フユボダイジュ花のエキスが配合されています。

フユボダイジュ花は、フケ、カユミを抑える効果があります。

 

ボダイジュの花または葉から抽出して得られるエキスです。

  • 血行促進
  • 保湿
  • 抗菌

といった効果があります。

 

血行を良くすることで、髪の毛の新陳代謝や栄養の吸収を促進します。

保湿と抗菌の作用があるため、乱れた頭皮環境の改善に役立ちます。

 

フィンジア 効かない/つむじ

フィンジアは、つむじ周辺の髪の毛が細くなってきた部位に使うと効果的です。

薄くても髪の毛が残っていれば、効果を期待することができます。

 

フィンジアには、褐藻(かっそう)エキスが配合されています。

 

褐藻とは、わかめや昆布、もずくといった褐色の海藻です。

保湿効果のあるフコイダインが含まれています。

また、褐藻エキスには、皮膚を柔らかくしたり、感想から守る保湿効果があります。

 

他にも、フィンジアにはヒオウギエキスが配合されています。

ヒオウギという植物の根から抽出されるエキスです。

 

ヒオウギエキスには、イソフラボン誘導体が多く含まれています。

誘導体とは、ある成分の構造や性質を大幅に変えない程度に、分子を置き換えたり配列を変えた化合物のことです。

イソフラボン誘導体は、イソフラボンと非常に似た分子構造を持ちながら、副作用のリスクが少ない成分です。

 

イソフラボンの効果

  • ツヤ感のある美しい髪の毛を作る
  • 保湿効果
  • 薄毛の原因となる、5αリダクターゼの働きを抑える

 

このような効果があるため、頭皮環境の改善や育毛の効果が期待できます。

 

フィンジア 効かない/M字

フィンジアは、おでこ周辺の髪の毛が細くなってきた部位(M字ハゲ)に使うと効果的です。

薄くても髪の毛が残っていれば、効果を期待することができます。

 

フィンジアには、キハダ樹脂が配合されています。

キハダ樹脂には、頭皮、毛髪をすこやかに保つ効果があります。

他には保湿効果があるため、頭皮に潤いを保つことができます。

 

他にも、フィンジアには、ヒキオコシが配合されています。

ヒキオコシには、頭皮、毛髪をすこやかに保つ効果があります。

 

ヒキオコシは、「延命草」という別名がある植物です。

古くから生薬として使われてきました。

 

ヒキオコシに含まれる、エンメインには、

  • 血行促進
  • 皮膚の新陳代謝を高める

という効果があります。

 

エンメインには、他にも、抗菌・殺菌作用や保湿効果もあります。

頭皮環境を清潔に、潤いを保ちながら、発毛を促進させる効果もあるのです。

 

さらに、フィンジアにはキャピキシルが配合されている点も見逃せません。

キャピキシルは、ヘアサイクルを成長期へ導き、髪の毛にハリ・コシを与えます。

キャピキシルは、以下の2種類の成分から合成された成分です。

  • アカツメクサ花エキス(脱毛の進行を止める)
  • アセチルテトラペプチド-3(発毛しやすい頭皮環境を整える)

これらのキャピキシルの成分が、乱れた頭皮のコンディションに働きかけます。

キャピキシルが限界濃度の5%配合されている点が、フィンジアの一番の特徴です。

 

フィンジア 効かない/発毛

育毛剤は、薄くても毛が残っていれば、効果を期待できます。

しかし、毛穴がなくなって頭皮が露出しているなら、育毛剤を使っても効果はありません。

フィンジアも同じです。

 

育毛剤には、頭皮の血行を促したり、頭皮環境を整える効果ががります。

その結果、健康な髪の毛が生えてきやすい環境ができます。

薄毛や抜け毛に悩んでいる人におすすめです。

 

一方、発毛剤はミノキシジルといった「髪の毛を生えさせる」成分が配合されています。

新しい髪の毛を生えさせ、成長を促す効果があります。

 

ミノキシジルを例に説明します。

ミノキシジルは、頭皮の中の毛乳頭細胞(髪の毛の成長に深く関わる)に直接働きっけます。

毛乳頭細胞は、髪の毛を作る毛母細胞を活性化し、乱れたヘアサイクルを正常にします。

 

このように、育毛剤と発毛剤の効果は異なります。

 

育毛剤がおすすめなのは、

  • 髪のボリュームが減ってきている
  • 髪のハリ、コシがなくなってきた

という方です。

 

発毛剤がおすすめなのは、

  • 薄毛で頭皮が露出している
  • 抜け毛が明らかに増えた

という方です。

 

「髪の毛がない、頭皮が露出した部分に毛を生やしたい」のであれば、発毛剤をおすすめします。

 

フィンジア 効かない/円形脱毛症

円形脱毛症は、徐々に髪の毛が薄くなる薄毛とは違い、部分的に髪の毛が一気に抜けてしまいます。

まさしく円形でハゲができてしまうのです。

 

育毛剤は、薄くても毛が残っていれば、効果を期待できます。

しかし、円形脱毛症で頭皮が露出しているなら、育毛剤を使っても効果はありません。

フィンジアも同じです。

 

円形脱毛症の原因は、4つあります。

1 免疫の異常

本来は体を守る免疫に異常が発生し、髪の毛を異物だと勘違いし攻撃します。

その結果、髪の毛が抜けてしまうのです。

 

2 遺伝

遺伝的な原因もあります。

両親など近親者が円形脱毛症だと、特に注意が必要です。

 

3 アトピー

アトピーの患者さんは、円形脱毛症にもなる可能性が高いです。

アトピーも免疫以上の一種のため、注意が必要です。

 

4 ストレス

ストレスも、円形脱毛症の間接的な要因と考えられています。

 

ストレスが溜まると、副交感神経が刺激され、血管が収縮します。

血管が収縮すると、頭皮の血行が悪くなり、髪へ十分な栄養が行き渡らなくなります。

その結果、脱毛になりやすくなってしまいます。

 

円形脱毛症の治療法は、3種類あります。

1 局所免疫療法

免疫異常に対処する治療法です。

円形脱毛症が発生した部分に、皮膚がただれたり、かぶれる薬を塗ります。

 

すると…

塗った部分は炎症を起こす

誤って髪の毛を攻撃している、異常な免疫反応を、薬を塗ってできた炎症へと移す

炎症を鎮めようとし、円形脱毛が収まる

 

2 ステロイド

ステロイドには、塗った部分の炎症を抑える作用があります。

円形脱毛症の症状によって、注射、塗り薬、飲み薬で使い分けます。

 

3 ミノキシジル発毛剤

ミノキシジルには、髪の毛を作り出す毛母細胞を活性化する効果があります。

つまり、発毛効果があるのです。

 

円形脱毛症の部分に、ミノキシジルの発毛剤を塗布して、発毛を促します。

 

フィンジア 効かない/AGA

AGAは、男性型脱毛症とも言い、生え際やつむじ周辺の髪が薄くなってくる症状のことです。

 

育毛剤は、薄くても毛が残っていれば、効果を期待できます。

しかし、AGAで頭皮が露出しているなら、育毛剤を使っても効果はありません。

フィンジアも同じです。

 

AGAの原因は、2つあります。

  • 「抜け毛が増える」(脱毛ホルモンの悪影響)
  • 「髪の成長力が弱まる」(加齢、生活習慣の乱れ)

 

AGAの治療薬は、

  • 抜け毛を減らす(薄毛の進行を抑える)
  • 髪の成長力を強める(発毛促進)

効果があります。

 

治療薬の種類によって、抜け毛を減らす効果がある薬(プロペシアなど)や、髪の成長力を強める効果がある薬(ミノキシジル)があるのです。

 

フィンジア 効かない/まとめ

「フィンジアって、効かないの?効果なし??」

 

まだフィンジアを使ったことがないなら、本当に効果があるのか、心配ですよね。

しかし、フィンジア効果のある育毛剤です。

フィンジアには、髪の成長を促すための様々な成分が配合されています。

 

フィンジアの成分の中で、特徴的なものは

  • キャピシキル
  • ピディオキシジル
  • カプサイシン

です。

 

キャピキシルは、ヘアサイクルを成長期へ導き、髪の毛にハリ・コシを与えます。

キャピキシルは、以下の2種類の成分から合成された成分です。

  • アカツメクサ花エキス(脱毛の進行を止める)
  • アセチルテトラペプチド-3(発毛しやすい頭皮環境を整える)

これらのキャピキシルの成分が、乱れた頭皮のコンディションに働きかけます。

キャピキシルが限界濃度の5%配合されている点が、フィンジアの一番の特徴です。

 

さらに、フィンジアにはキャピキシル5%に加えて、ピディオキシジルが2%配合されています。

ピディオキシジルは、毛髪や頭皮を健やかに保ちます。

 

フィンジアには、キャピキシルやピディオキシジルが限界濃度で配合されています。

これらの成分を、頭皮表面だけではなく角質層まで効率よく浸透させるために、カプサイシンが、フィンジアには配合されています。

 

抜け毛の原因は、非常にたくさんあります。

育毛剤には、頭皮環境を改善し、髪の成長を促す効果があります。

頭皮環境を改善することにより、抜け毛を防ぐのです。

 

例えば、フィンジアには、グリチルリチン酸ジカリウムという「頭皮、毛髪を清浄にする」成分が配合されています。

 

薄毛といっても、実は2種類あります。

  • 本数は変わらないが、髪の毛が細くなる
  • 髪の毛が抜けて、本数が少なくなる

 

育毛剤は、頭皮環境を整え、今生えている髪を太く育てる(育毛)効果があります。

「薄毛になった」

という方におすすめです。

 

フィンジアには、センブリエキスが配合されています。

毛髪につやを与える効果があります。

 

フケは、古くなった頭皮の角質が剥がれたものです。

どんな健康な人でもフケは発生しますが、通常はシャンプーをすればフケは取り除かれます。

 

しかし、頭皮の環境が悪化すると、フケが増加します。

皮脂や常在菌にバランスが崩れると、増加しやすくなるのです。

 

育毛剤には、頭皮環境を改善し、フケが出にくくなる効果があります。

 

フィンジアには、パンテノールという「頭皮、毛髪にうるおいを与える」成分が配合されています。

また、フィンジアには、ビワ葉エキスが配合されています。

ビワ葉には、殺菌作用や鎮痛作用があります。

 

フィンジアは、前髪で髪の毛が細くなってきた部位に使うと効果的です。

薄くても毛が残っていれば、効果を期待することができます。

 

フィンジアには、ボタンエキスが配合されています。

ボタンには、頭皮、毛髪をすこやかにするがあります。

 

また、フィンジアには、フユボダイジュ花のエキスが配合されています。

フユボダイジュ花は、フケ、カユミを抑える効果があります。

 

フィンジアは、つむじ周辺の髪の毛が細くなってきた部位に使うと効果的です。

薄くても髪の毛が残っていれば、効果を期待することができます。

 

フィンジアには、褐藻(かっそう)エキスが配合されています。

 

褐藻とは、わかめや昆布、もずくといった褐色の海藻です。

保湿効果のあるフコイダインが含まれています。

 

他にも、フィンジアにはヒオウギエキスが配合されています。

ヒオウギエキスには、髪型を整え、保持する効果があります。

 

フィンジアは、おでこ周辺の髪の毛が細くなってきた部位(M字ハゲ)に使うと効果的です。

薄くても髪の毛が残っていれば、効果を期待することができます。

 

フィンジアには、キハダ樹脂が配合されています。

キハダ樹脂には、頭皮、毛髪をすこやかに保つ効果があります。

 

他にも、フィンジアには、ヒキオコシが配合されています。

ヒキオコシには、頭皮、毛髪をすこやかに保つ効果があります。

 

育毛剤は、薄くても毛が残っていれば、効果を期待できます。

しかし、毛穴がなくなって頭皮が露出しているなら、育毛剤を使っても効果はありません。

フィンジアも同じです。

 

円形脱毛症は、徐々に髪の毛が薄くなる薄毛とは違い、部分的に髪の毛が一気に抜けてしまいます。

まさしく円形でハゲができてしまうのです。

 

育毛剤は、薄くても毛が残っていれば、効果を期待できます。

しかし、円形脱毛症で頭皮が露出しているなら、育毛剤を使っても効果はありません。

フィンジアも同じです。

 

AGAは、男性型脱毛症とも言い、生え際やつむじ周辺の髪が薄くなってくる症状のことです。

 

育毛剤は、薄くても毛が残っていれば、効果を期待できます。

しかし、AGAで頭皮が露出しているなら、育毛剤を使っても効果はありません。

フィンジアも同じです。

 

育毛剤には、頭皮の血行を促したり、頭皮環境を整える効果ががります。

その結果、健康な髪の毛が生えてきやすい環境ができます。

フィンジアは、薄毛や抜け毛に悩んでいる人におすすめです。

 

フィンジア商品画像

 

別のページでは、フィンジアの口コミについて詳しく解説しています。

フィンジア以外の育毛剤については、育毛剤の比較ランキングで詳しく紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました